Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
2007/6/30




     iUG Vol.6
     社内SNSにいる機能、いらない機能


                  ~ TISの社内SNSのご紹介 ~




TIS株式会社 基盤技術センター 倉貫義人
      ...
自己紹介


 TIS株式会社                             倉貫義人
   システムインテグレーター
   http://www.tis.co.jp


 XPJUG
   eXtreme Programming 日...
アジェンダ

 TISの社内SNSのご紹介
   導入の経緯
   概要と目的・狙い
   運用実績

 社内SNSにいる機能、いらない機能
   社内SNSと一般のSNSの違い
   社内SNSと社内システムの違い
   いる機能 ・・・ デ...
導入の経緯

経営からのミッション               現場技術者の思い
・技術情報の共有による業務効率化         ・部門を超えたコミュニケーションの実現
・社内の有識者の有効活用             ・個人で情報を発信でき...
概要と目的・狙い


SNS          Portal
目的(SNS)                 【狙い】
  コミュニケーションの促進
                      社内情報共有
     個人が発信できる場の提供
...
TIS社内SNSの運用実績

2005年12月運用開始
  利用者は招待制により順次拡大


利用者数約1065名
  現在も増加中
  TIS全社員約3000名での利用
  を想定した可用性を確保


総記事数約8200件
  1日に平均約4...
社内SNSと一般のSNSの違い

 利用者は社員だけに限定される
 他の社内システムとの共存が必要
 ナレッジが共有できなければいけない




                  あえて実装しなかった機能例:
                ...
社内SNSと社内システムの違い

 利用者自身によって情報が生み出される
 社員ひとりひとりを区別して扱う
 社内SNSの利用を強制しない




                  あえて実装しなかった機能例:
               ...
ここから
 デモ
デモ内容①

 LDAP連携
  ユーザ登録・ログイン時
  プロフィールの名前
 マイページに集約
  ポータル的に情報を集約して確認
  ライトユーザはログインだけで済むように
 ブログのACL
  公開範囲の設定
  エントリ毎に足跡が付...
デモ内容②

 ソーシャルブックマーク
  社内で共有したい情報の1つ = Webの情報
  業務ドメインが同じ ⇒ 一般的なSBMよりも効果が高い
  プロフィールにブックマークして他人からの評価・繋がりを見える化
 アンテナ
  情報の洪水...
社内SNSだけでは足りない機能

SNSでは形式知の共有が困難
  (ドキュメントやライブラリなど)



                   を活用!

                        暗黙知
目的
            ...
ナレッジマネジメントとして考える社内SNS

  「ナレッジマネジメント」の基盤としての「社内SNS」&「Wiki」
  「ナレッジスパイラル」を実現する「社内SNS」&「Wiki」

                             ...
本資料について ・ お問い合わせ

    本資料は、TISの社内で企画運営している社内SNS『TCポータル』およ
    び、社内Wiki『バザール』に関する紹介資料です。
    企画運営主体は、【TIS株式会社 技術本部 基盤技術センター...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

of

070630 iUG - case study of TIS Slide 1 070630 iUG - case study of TIS Slide 2 070630 iUG - case study of TIS Slide 3 070630 iUG - case study of TIS Slide 4 070630 iUG - case study of TIS Slide 5 070630 iUG - case study of TIS Slide 6 070630 iUG - case study of TIS Slide 7 070630 iUG - case study of TIS Slide 8 070630 iUG - case study of TIS Slide 9 070630 iUG - case study of TIS Slide 10 070630 iUG - case study of TIS Slide 11 070630 iUG - case study of TIS Slide 12 070630 iUG - case study of TIS Slide 13 070630 iUG - case study of TIS Slide 14
Upcoming SlideShare
COD2012 大阪 グローバルコミュニケーション基盤としてのSharePoint
Next
Download to read offline and view in fullscreen.

1 Like

Share

Download to read offline

070630 iUG - case study of TIS

Download to read offline

iUG 第6回の事例資料

Related Books

Free with a 30 day trial from Scribd

See all

Related Audiobooks

Free with a 30 day trial from Scribd

See all

070630 iUG - case study of TIS

  1. 1. 2007/6/30 iUG Vol.6 社内SNSにいる機能、いらない機能 ~ TISの社内SNSのご紹介 ~ TIS株式会社 基盤技術センター 倉貫義人 ( kuranuki@tis.co.jp )
  2. 2. 自己紹介 TIS株式会社 倉貫義人 システムインテグレーター http://www.tis.co.jp XPJUG eXtreme Programming 日本ユーザ会 ブログ http://d.hatena.ne.jp/kuranuki/ 書籍
  3. 3. アジェンダ TISの社内SNSのご紹介 導入の経緯 概要と目的・狙い 運用実績 社内SNSにいる機能、いらない機能 社内SNSと一般のSNSの違い 社内SNSと社内システムの違い いる機能 ・・・ デモ 社内SNSの可能性 社内SNSだけでは足りない機能 ナレッジマネジメントの実現
  4. 4. 導入の経緯 経営からのミッション 現場技術者の思い ・技術情報の共有による業務効率化 ・部門を超えたコミュニケーションの実現 ・社内の有識者の有効活用 ・個人で情報を発信できる場の存在 SNS 外部環境の変化 ツールの選択 ・Web2.0の流行の兆し(05年当時) ・個人ごとに書き込みができる(ブログ) ・CGMによるデータ生成の仕組み ・利用者のプロフィールが見える
  5. 5. 概要と目的・狙い SNS Portal 目的(SNS) 【狙い】 コミュニケーションの促進 社内情報共有 個人が発信できる場の提供 暗黙知を共有できる文化の醸成 社員同士の繋がりの強化 社内の有識者の発見 KnowWhoの共有 目的(Portal) 社内情報への入口 SSO 全文検索 利用者を集める
  6. 6. TIS社内SNSの運用実績 2005年12月運用開始 利用者は招待制により順次拡大 利用者数約1065名 現在も増加中 TIS全社員約3000名での利用 を想定した可用性を確保 総記事数約8200件 1日に平均約40件の書き込み (増加中) アクティブユーザ数 約180名 (3日以内にアクセス するユーザの1ヶ月平均) 約520名 (10日間以内にアク セスしたことがある人) 数字はすべて はすべて2007年5月時点 ※ 数字はすべて
  7. 7. 社内SNSと一般のSNSの違い 利用者は社員だけに限定される 他の社内システムとの共存が必要 ナレッジが共有できなければいけない あえて実装しなかった機能例: ・メッセージ機能 (メールとのすみわけ) ・マイミク機能 (最初から全員マイミク状態)
  8. 8. 社内SNSと社内システムの違い 利用者自身によって情報が生み出される 社員ひとりひとりを区別して扱う 社内SNSの利用を強制しない あえて実装しなかった機能例: ・社長訓示機能 (社長も1ユーザとして扱う) ・一斉登録機能 (あくまで自己申請登録)
  9. 9. ここから デモ
  10. 10. デモ内容① LDAP連携 ユーザ登録・ログイン時 プロフィールの名前 マイページに集約 ポータル的に情報を集約して確認 ライトユーザはログインだけで済むように ブログのACL 公開範囲の設定 エントリ毎に足跡が付く ⇒ 監査証跡に使える フィードバックの手段 へぇボタン (ITリテラシの低さ・気恥ずかしさを補う) コメントのスレッド表示 質問機能 SNSのログイン直後のマイページで常に表示 人が集まる ⇒ 答えが得られる可能性が高くなる コミュニティの形成 グループを活用 = 【ビジネス】【ライフ】【オフ】 イベントを活用 = 勉強会の活性化
  11. 11. デモ内容② ソーシャルブックマーク 社内で共有したい情報の1つ = Webの情報 業務ドメインが同じ ⇒ 一般的なSBMよりも効果が高い プロフィールにブックマークして他人からの評価・繋がりを見える化 アンテナ 情報の洪水を防ぐ ・ アクセス数を減らす働き ページビューを稼いでも仕方ない 全文検索 キーワードだけで検索できることが重要 ITリテラシーが低いユーザ ランキング たまにしかアクセスしないユーザのケア 遊び心も大事 トップの画像変更(CMに活用) スキンの変更 もんた機能
  12. 12. 社内SNSだけでは足りない機能 SNSでは形式知の共有が困難 (ドキュメントやライブラリなど) を活用! 暗黙知 目的 共同化 表出化 社内ドキュメント・ライブラリの整理と 社員の上記資料等へのアクセスの整備Socialization Externalization ポイント 社員(利用者)による作者への 内面化 連結化 フィードバックが容易に可能 Internalization Combination 他者の評価を共有し 形式知 参考にすることが可能
  13. 13. ナレッジマネジメントとして考える社内SNS 「ナレッジマネジメント」の基盤としての「社内SNS」&「Wiki」 「ナレッジスパイラル」を実現する「社内SNS」&「Wiki」 コミュニケーションが ナレッジマネジメントを TCポータル 対話 推進するエンジンに! (SNS) 暗黙知 共同化 表出化 場作り 場作り 形式知 の結合 連結化 内面化 形式知 バザール (Wiki) 行動による学習 行動による学習 による 企業ナレッジ 蓄積と ナレッジの 企業ナレッジの蓄積と SECIモデル モデル 活用のモデルが実現できる 活用のモデルが実現できる 出典:野中 郁次郎著「知識創造企業」
  14. 14. 本資料について ・ お問い合わせ 本資料は、TISの社内で企画運営している社内SNS『TCポータル』およ び、社内Wiki『バザール』に関する紹介資料です。 企画運営主体は、【TIS株式会社 技術本部 基盤技術センター】にて実 施しています。 本資料の補足となる記事をThinkIT( http://www.thinkit.co.jp/ )にて連載中です 第1回:SNSによる社内情報共有の可能性 http://www.thinkit.co.jp/free/article/0703/11/1/ 第2回:社内SNSと一般的なSNSの決定的な違い http://www.thinkit.co.jp/free/article/0703/11/2/ 第3回:Ajax、Googleアプライアンス、アジャイル、Ruby on Railsを採用した理由 http://www.thinkit.co.jp/free/article/0703/11/3/ 第4回:社内SNS活性化6つの秘訣 http://www.thinkit.co.jp/free/article/0703/11/4/ 第5回:社内SNSの弱点を克服する http://www.thinkit.co.jp/free/article/0703/11/5/ お問合せは… お問合せ は… 問合せ 問合せ この文書は、著作権法及び不正競争防止法上の保護を受けております。 TIS株式会社 基盤技術 センター TIS株式会社 基盤技術センター TIS株式 会社 基盤技術センター 文書の一部或いは全てについて、TIS株式会社から許諾を得ずに、 TIS株式 株式会社 基盤技術 技術センター 株式 技術 倉貫まで 倉貫まで いかなる方法に於いても無断で複写、複製、転記、転載、ノウハウの使用、 倉貫まで 倉貫まで TEL:03-5444-1008 TEL:03-5444-1008 企業秘密の開示等を行うことは禁じられております。 TEL:03-5444-1008 TEL:03-5444-1008 FAX:03-5444-1018 FAX:03-5444-1018 FAX:03-5444-1018 FAX:03-5444-1018 kuranuki@tis.co.jp kuranuki@tis.co.jp 本文記載の社名・製品名・ロゴは各社の商標または登録商標です。 kuranuki@tis.co.jp kuranuki@tis.co.jp
  • iug

    Jul. 6, 2007

iUG 第6回の事例資料

Views

Total views

2,681

On Slideshare

0

From embeds

0

Number of embeds

49

Actions

Downloads

58

Shares

0

Comments

0

Likes

1

×