Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
LINE or manaba?
‐授業外活動における情報共有ツールの選択を考える‐
古賀暁彦
産業能率大学 情報マネジメント学部
KOGA_Akihiko@hj.sanno.ac.jp
or
1
目次
環境の変化
情報環境の変化
授業の変化
実践継続型PBLの取組み
大山おからドーナッツ「kobara+3」
あるべき情報共有環境は
いくつかの比較実験
今後に向けて
2
問題意識
学生の情報環境と大学の授業が近年著し
く変化している。
そうした変化に従来型のLMSは対応でき
ていないのでは?
PBL型のゼミの活動で
LINEとmanabaを使用し比較
3
情報環境の変化1 スマホ普及
スマートフォン保有率97%
93.2% 98.5% 98.7% 98.3% 95.7% 95.9% 95.3% 98.3%
0%
10%
20%
30%
40%
50%
60%
70%
80%
90%
100%
1...
情報環境の変化2 PC離れ
自宅でのパソコン利用時間の推移
自宅にパソコンは
あるが利用しない
18.3%
▼
42.9%
5
11年→12年→13年→14年
情報環境の変化3 メール離れ
学生はメールを使わなくなり始めている
携帯電話・スマートフォンの利用目的
6
環境の変化~授業~
一斉型授業からアクティブ・ラーニングへ
授業という既存のフレームの融解
時間:90分×15回
人 履修者 教員場所:教室
管理:教員が中心
授業以外の時間の活動や学習
地域・企業 地域や企業の人
学生中心の運営
7
PBL(Project based Learning)の変化
従来のPBL(企画プレゼン型PBL)
課題「実践されない」
「学生視点のユニークなアイデアをあり
がとうございます」
「社に持ち帰って検討させていただきた
いと思います」
企業か...
実践(経験)の場が足りない
成人における学
びの70%は自分
の仕事経験から
Lombardo & Eichinger (2010)
直接経験
70%
他者の観察
アドバイス
20%
読書・研修
10%
9
リフレクションを次の経験に
活かす仕掛けが必要
具体的経験
内省
教訓を引き出す
新しい状況
への応用
松尾(2011)
10
実践(継続)
型PBL
KOLBの
経験学習
サイクル
大山おからドーナッツ店
kobara+3(コバラミタス)
目的
観光地大山の活性化。
商品
地元の名産である豆腐の製造過程でできる
「おから」を使ったドーナッツを製造・販売
店舗
登山口にある「観光案内所」の一角を無償で提
供していただく...
kobara+3での経験学習サイクル
具体的経験
内省
教訓を引
き出す
新しい状況
への応用
松尾(2011)
12
店舗での
販売活動
営業日誌による、
ゼミでの振り返り
部門毎ミーティ
ングによる解決
案の検討
次回の営業日
での応用
実践型のPBLを推進していくと…
時間と場所
教室はリフレクションの場、
実践は教室外へ
授業への関与者
学生と教員+学外関係者
進め方
学生中心の運営
教員はコーディネーター
13
LINEをゼミのPBL活動で使ってみた
(というより学生が自然に使い始めた)
Pros (良い点)
 学生が自発的に複数のグループを作り、
情報共有可能
 写真の活用(営業日誌、在庫表)
 一斉通知がきちんと伝わる。
Cons (悪い点)...
次にmanabaをゼミのPBL活動
で使ってみた
manaba
朝日ネット社が開発・運用している
クラウドサービスの教育支援システム
2015年6月末現在で全学導入校56校、
契約ID数464,000
manabaの特徴
 ポートフォリオ機...
営業日誌のデジタル化
~ストック情報の管理~
今まで
ノートに手書き→それを写メ
→LINEで共有
ノート受け渡しが煩雑、
「手書きは嫌」等の不満
デジタル化
manabaの掲示板機能を活用
本当は「プロジェクト学習機能」を活用したかったが...
実際の営業日誌画面
入力内容は決めているが、フォーム
等はなく、ただのテキストベタ打ち
画面となっている。
17
一斉通知にmanabaの「コース
ニュース機能を使ってみたが
7/13に出し
た通知の8/6
時点での閲
覧状況
18
教員がコースニュースに入力すると、学生
にメールが送信されるが、そもそも学生は
メールを見る習慣がない。
まとめ
 ストック情報の蓄積に一定の成果
 フロー情報の共有
 学生が主体的にグループを作る
19
manaba等のLMSの課題
閲覧メンバー設定の柔軟性に欠ける
– 学年を跨いだグループの設定
– 大学外の人との情報共有
スマートフォンへの対応
– 一応対応はしているがベースはPC
クラウドサービスの限界
– 汎用的なサービスに留まる...
実践(継続)型PBLに必要とな
る情報共有ツール
① コースに参加できるメンバーを教員や学生
が主体的に設定できる。
② 学外でのアクセスを容易にするためスマー
トフォンでのユーザビリティを向上する。
③ LINEとの連携
21
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

of

Line or manaba~授業外活動における情報共有ツールの選択を考える~公開配布用 Slide 1 Line or manaba~授業外活動における情報共有ツールの選択を考える~公開配布用 Slide 2 Line or manaba~授業外活動における情報共有ツールの選択を考える~公開配布用 Slide 3 Line or manaba~授業外活動における情報共有ツールの選択を考える~公開配布用 Slide 4 Line or manaba~授業外活動における情報共有ツールの選択を考える~公開配布用 Slide 5 Line or manaba~授業外活動における情報共有ツールの選択を考える~公開配布用 Slide 6 Line or manaba~授業外活動における情報共有ツールの選択を考える~公開配布用 Slide 7 Line or manaba~授業外活動における情報共有ツールの選択を考える~公開配布用 Slide 8 Line or manaba~授業外活動における情報共有ツールの選択を考える~公開配布用 Slide 9 Line or manaba~授業外活動における情報共有ツールの選択を考える~公開配布用 Slide 10 Line or manaba~授業外活動における情報共有ツールの選択を考える~公開配布用 Slide 11 Line or manaba~授業外活動における情報共有ツールの選択を考える~公開配布用 Slide 12 Line or manaba~授業外活動における情報共有ツールの選択を考える~公開配布用 Slide 13 Line or manaba~授業外活動における情報共有ツールの選択を考える~公開配布用 Slide 14 Line or manaba~授業外活動における情報共有ツールの選択を考える~公開配布用 Slide 15 Line or manaba~授業外活動における情報共有ツールの選択を考える~公開配布用 Slide 16 Line or manaba~授業外活動における情報共有ツールの選択を考える~公開配布用 Slide 17 Line or manaba~授業外活動における情報共有ツールの選択を考える~公開配布用 Slide 18 Line or manaba~授業外活動における情報共有ツールの選択を考える~公開配布用 Slide 19 Line or manaba~授業外活動における情報共有ツールの選択を考える~公開配布用 Slide 20 Line or manaba~授業外活動における情報共有ツールの選択を考える~公開配布用 Slide 21
Upcoming SlideShare
Lendas galegas
Next
Download to read offline and view in fullscreen.

3 Likes

Share

Download to read offline

Line or manaba~授業外活動における情報共有ツールの選択を考える~公開配布用

Download to read offline

PCカンファレンス2015@富山大学での発表資料となります。予稿集は下記のURLにて閲覧可能です。
http://gakkai.univcoop.or.jp/pcc/2015/papers/pdf/pcc063.pdf

Related Books

Free with a 30 day trial from Scribd

See all

Related Audiobooks

Free with a 30 day trial from Scribd

See all

Line or manaba~授業外活動における情報共有ツールの選択を考える~公開配布用

  1. 1. LINE or manaba? ‐授業外活動における情報共有ツールの選択を考える‐ 古賀暁彦 産業能率大学 情報マネジメント学部 KOGA_Akihiko@hj.sanno.ac.jp or 1
  2. 2. 目次 環境の変化 情報環境の変化 授業の変化 実践継続型PBLの取組み 大山おからドーナッツ「kobara+3」 あるべき情報共有環境は いくつかの比較実験 今後に向けて 2
  3. 3. 問題意識 学生の情報環境と大学の授業が近年著し く変化している。 そうした変化に従来型のLMSは対応でき ていないのでは? PBL型のゼミの活動で LINEとmanabaを使用し比較 3
  4. 4. 情報環境の変化1 スマホ普及 スマートフォン保有率97% 93.2% 98.5% 98.7% 98.3% 95.7% 95.9% 95.3% 98.3% 0% 10% 20% 30% 40% 50% 60% 70% 80% 90% 100% 1年 2年 3年 4年 男 女 情マネ 経営 「学生を対象とした情報環境・利用に関するアンケート調査の実施について」 『産業能率大学 情報センター年報第23号』より N=3,0634
  5. 5. 情報環境の変化2 PC離れ 自宅でのパソコン利用時間の推移 自宅にパソコンは あるが利用しない 18.3% ▼ 42.9% 5 11年→12年→13年→14年
  6. 6. 情報環境の変化3 メール離れ 学生はメールを使わなくなり始めている 携帯電話・スマートフォンの利用目的 6
  7. 7. 環境の変化~授業~ 一斉型授業からアクティブ・ラーニングへ 授業という既存のフレームの融解 時間:90分×15回 人 履修者 教員場所:教室 管理:教員が中心 授業以外の時間の活動や学習 地域・企業 地域や企業の人 学生中心の運営 7
  8. 8. PBL(Project based Learning)の変化 従来のPBL(企画プレゼン型PBL) 課題「実践されない」 「学生視点のユニークなアイデアをあり がとうございます」 「社に持ち帰って検討させていただきた いと思います」 企業からの 課題提示 グループで解決策 や企画案を検討 実務家の前 でプレゼン 多分検討されないし、実践もされない 計画のみ 8
  9. 9. 実践(経験)の場が足りない 成人における学 びの70%は自分 の仕事経験から Lombardo & Eichinger (2010) 直接経験 70% 他者の観察 アドバイス 20% 読書・研修 10% 9
  10. 10. リフレクションを次の経験に 活かす仕掛けが必要 具体的経験 内省 教訓を引き出す 新しい状況 への応用 松尾(2011) 10 実践(継続) 型PBL KOLBの 経験学習 サイクル
  11. 11. 大山おからドーナッツ店 kobara+3(コバラミタス) 目的 観光地大山の活性化。 商品 地元の名産である豆腐の製造過程でできる 「おから」を使ったドーナッツを製造・販売 店舗 登山口にある「観光案内所」の一角を無償で提 供していただく 事業理念 山ガールの小腹を地元の食材で満たす 地元の旅館組合 の皆様とのコラ ボレーション 11 店舗売上・利益の向上
  12. 12. kobara+3での経験学習サイクル 具体的経験 内省 教訓を引 き出す 新しい状況 への応用 松尾(2011) 12 店舗での 販売活動 営業日誌による、 ゼミでの振り返り 部門毎ミーティ ングによる解決 案の検討 次回の営業日 での応用
  13. 13. 実践型のPBLを推進していくと… 時間と場所 教室はリフレクションの場、 実践は教室外へ 授業への関与者 学生と教員+学外関係者 進め方 学生中心の運営 教員はコーディネーター 13
  14. 14. LINEをゼミのPBL活動で使ってみた (というより学生が自然に使い始めた) Pros (良い点)  学生が自発的に複数のグループを作り、 情報共有可能  写真の活用(営業日誌、在庫表)  一斉通知がきちんと伝わる。 Cons (悪い点)  Office系のファイルの共有  発言と返信の関係が分かりづらい  ストック情報の管理が難しい マニュアル 営業日誌等14
  15. 15. 次にmanabaをゼミのPBL活動 で使ってみた manaba 朝日ネット社が開発・運用している クラウドサービスの教育支援システム 2015年6月末現在で全学導入校56校、 契約ID数464,000 manabaの特徴  ポートフォリオ機能  プロジェクト学習機能  学生間のレポート相互評価 等 15
  16. 16. 営業日誌のデジタル化 ~ストック情報の管理~ 今まで ノートに手書き→それを写メ →LINEで共有 ノート受け渡しが煩雑、 「手書きは嫌」等の不満 デジタル化 manabaの掲示板機能を活用 本当は「プロジェクト学習機能」を活用したかったが、毎 回の営業日ごとに教員がプロジェクトを手動で設定しなく てはならず断念! 16
  17. 17. 実際の営業日誌画面 入力内容は決めているが、フォーム 等はなく、ただのテキストベタ打ち 画面となっている。 17
  18. 18. 一斉通知にmanabaの「コース ニュース機能を使ってみたが 7/13に出し た通知の8/6 時点での閲 覧状況 18 教員がコースニュースに入力すると、学生 にメールが送信されるが、そもそも学生は メールを見る習慣がない。
  19. 19. まとめ  ストック情報の蓄積に一定の成果  フロー情報の共有  学生が主体的にグループを作る 19
  20. 20. manaba等のLMSの課題 閲覧メンバー設定の柔軟性に欠ける – 学年を跨いだグループの設定 – 大学外の人との情報共有 スマートフォンへの対応 – 一応対応はしているがベースはPC クラウドサービスの限界 – 汎用的なサービスに留まる (独自の入力フォームが作れない 等) 20
  21. 21. 実践(継続)型PBLに必要とな る情報共有ツール ① コースに参加できるメンバーを教員や学生 が主体的に設定できる。 ② 学外でのアクセスを容易にするためスマー トフォンでのユーザビリティを向上する。 ③ LINEとの連携 21
  • kajimasanori

    Aug. 23, 2015
  • takataka129

    Aug. 22, 2015
  • shigeot

    Aug. 21, 2015

PCカンファレンス2015@富山大学での発表資料となります。予稿集は下記のURLにて閲覧可能です。 http://gakkai.univcoop.or.jp/pcc/2015/papers/pdf/pcc063.pdf

Views

Total views

880

On Slideshare

0

From embeds

0

Number of embeds

45

Actions

Downloads

2

Shares

0

Comments

0

Likes

3

×